コロナ対策としてご家庭にある洗剤『界面活性剤』が消毒に効果がありそうです

ご覧いただきありがとうございますコンディショニング&鍼灸治療院 SoLです 身近な洗剤がコロナ対策に! 引用元:独立行政法人 製品評価技術基盤機構  ご家庭にある洗剤を使って身近な物を消毒をしましょう 試験で効果が確認された『界面活性剤』 ・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム ・アルキルグリコシド ・アルキルアミンオキシド ・塩化ベンザルコニウム ・ポリオキシエチレンアルキルエーテル 上記の5つが5/24日現在、有用性が確認されているようです コロナウイルスに有効性を示している『界面活性剤』とはどんなものなのか! 界面活性剤とは 界面活性剤=合成洗剤シャンプーや洗濯洗剤・食器洗剤など色々な物に使われている合成洗剤です 作用 本来まじりあわないモノの境目=界面を活性させることを言います 例えば、油と水を混ぜようとしても、分離してしまいますよね? そこに界面活性剤をいれると油と水が混ざります 衣類についた油汚れは、水だけでは中々落とせません そこで界面活性剤をいれると衣類と汚れの界面が活性されて、汚れがとれるという仕組みです 通常の洗剤には、ほとんど入っており頑固な汚れなどを落とすことを売りにしている洗剤も有りますが、人体への悪影響もありますので注意が必要です 基本的には、手指消毒には適さず、触った場所や物の消毒用として紹介されていますのでご注意ください 使用方法などをしっかり確認しましょう どう考えるか コロナ対策には良いかも知れませんが人体への影響も考えなければいけません コロナウイルスを終息させるのか、経済を動かすなどの対策をとるのか オリンピック選手が選手村での食事を「○○ばかり食べていた」(某ファーストフード店)という話しを聞き、栄養的には偏ってしまいそうと思いましたが、理由を聞くと異国のため他の食事が口に合わなく、味の解っている物の方が安心して食べられたという話しをされてました 自然食など食事に気お付けて食べている方が、たまには身体に悪そうなものを食べて、免疫を付けている(免疫が付くかどうかはわかりませんが)などとおっしゃる方もいらっしゃります ここで言いたいのは、どちらかに偏り過ぎるのもどうかと思い私は思っています 考え方は色々あると思いますので、出来ることを当院ではしていきます 鍼灸師は手指消毒・患部への消毒は必至 はり施術をする際は、手洗い・消毒を行い、施術患部の消毒をして“はり”をしていきます 当院では、以前より塩化ベンザルコニウムを手指消毒用として使用ておりました 現在はそれをドアなどの色々な場所の消毒にも使用しております 塩化ベンザルコニウムは薄めたものが手指消毒用として売られておりますので他の界面活性剤よりは危険性が少ないのかも知れません 要注意なもの 界面活性剤の石油系の原料由来で合成された合成界面活性剤は、人体へ悪影響を及ぼす恐れがあると指摘されています 石油系界面活性剤 一部 ・スルホン酸ナトリウム ・キシレンスルホン酸アンモニウム ・ラウリル硫酸ナトリウム ・ラウレス硫酸アンモニウムなど 高級アルコール系とも言うそうです 石油系は少し前の話しですが、現在は植物性の物に代わっているようですが、成分自体に変わりがありません 合成界面活性剤が人体の皮膚などに付着し、界面活性剤の浸透作用が働いて体内に侵入するのではないかと言われています そもそも人体には、合成界面活性剤を分解する機能が備わっていません 侵入してきた合成界面活性剤は体内を巡って肝臓などの臓器に蓄積されます 洗浄力が強いことを売りにしている物は含有量が多いのではないかと あまり洗浄力だけ気にしていると「経皮毒」として体内に蓄積される恐れがありますのでご注意を 経皮毒とは 皮膚(経皮)を通して、体の中に有害化学物質(毒)が入ってくることをいいます 通常、皮膚構造は3層になっており、外敵や異物の侵入を防いでくれるのですが、合成界面活性剤などで皮膚バリアである角質層が破壊され、そこから脂溶性の高い有害化学物質が浸入し、真皮の毛細血管まで浸入し、血液に乗って全身を巡ることになります... 続きを読む