なぜ体幹を固めてはいけないのか

ご覧いただきありがとうございますコンディショニング&鍼灸治療院 SoLです 今回は『体幹』なぜ固める体幹トレーニングがいけないのか! 対人プレーで考えてみよう 力と力がぶつかったら強いほうが勝つ! それは当然 身体を固めていたら力の弱い方は吹き飛ばされてしまいます 建物で考えてみよう 地震が起きた時 高いビルどうなっているだろうか! 揺れる 揺れなければビルは揺れる力に負け倒壊してしまいます 家などは地震で揺れることも計算して作られています こう考えると体幹トレーニングで固めてしまうトレーニングは有効なのか?? 話しを身体に戻すと、固めた身体よりも力を吸収して跳ね返す力の方が必要 そのためには何が必要か? 関節などの柔軟性! トレーニングばかり先行してしまうと柔軟性が欠如してしまう柔軟性を持っていた選手は故障しづらく、柔軟性が無い選手は故障リスクが高まり注意が必要! 体幹トレーニングの目的 体幹トレーニング = 安定が いつしか 体幹トレーニング =固定 という認識に、なってはいないでしょうか? パフォーマンスを上げるには!! 筋肉の最大収縮と最大伸張が必要 最大値を高めることで柔軟性や機能を高めることが出来ます トレーニングだけ・柔軟だけではいけません 何事もバランスが重要です フロントブリッジ フロントブリッジ:常にこの姿勢ををキープするトレーニング! 確かに安定するかも知れませんが、スポーツのシーンで常にこのようにキープしている状態はあるのか? 球技スポーツではほぼ無いと思います! 子供には体幹トレーニングでは無くもっと違う事で自然な力を付ける方法がある それは自然を使った遊びや鬼ごっこなどで遊べば自然と体幹は刺激され発達していく 遊びの中で体幹は鍛えられる 当院は神奈川県足柄上郡にあります”はり”と”メディカルテーピング”を組み合わせて施術する!急性期~慢性期も施術可能な治療院 スポーツ疾患(捻挫・肉離れ・オスグッド・シーバー病など)腰痛・膝痛・肩痛などの長引く痛みの改善に力を入れておりますお気軽にお問い合わせ下さい! コンディショニング&鍼灸治療院 SoL0465-83-9480 ... 続きを読む