手を上げる動作に違和感!?放置して大丈夫?肩周りのトラブル『肩痛』

ご覧いただきありがとうございます コンディショニング&鍼灸治療院 SoLです いきなりですが、腕を上げたとき、しっかり腕が耳に当たるぐらいまで問題なく上げることが出来ますか? 全く問題なく上げられればOKですが ①全然上げられない ②上げれるが違和感・痛みを伴う 上記の状態を放置するのは、良くありません ①のケースの場合は、病院などを受診するケースは多いかと思います 上げることが出来ないので、腱板が切れていたりと診断名が付くケースが多いと思います ②の場合は、違和感や痛みが出ていてもとりあえず、上げることが出来ているので、放置してしまうケースが多く、しばらく経ってから受診していただくケースが多くなっています しかし、放置せれていた期間が長ければ、それだけ肩も傷ついています 違和感が出た時点での改善が必要です 放置してしまうことは、症状をさらに悪化させてしまい重篤化させてしまう場合がありますので注意が必要です 肩甲上腕リズム 腕を上げていく際に上腕骨(腕の骨)と肩甲骨の動きが「上腕骨:肩甲骨=2:1」の割合で動いていることが一般的な見解となっています 上腕はしっかり、動かせることはできる方がほとんどですが、肩甲骨の動きに制限が掛かってしまうことが多く見受けられます 腕を上げる動作には 腕を上に上げようとすると腕の骨だけではなく、他の骨が動く事によって腕を真上までスムーズに上げることができます 腕を上げるために深く関わる骨 ・肩甲骨(けんこうこつ) ・鎖骨(さこつ) 肩甲骨 肩甲骨は腕が上がると上方回旋(黄色い矢印)する この動きをするために筋肉の作用も関係してくる 鎖骨(さこつ) 鎖骨の関与は腕を上げ始めて90度(腕が真横)以上あがってくると深く関与してきます 腕を上手く上げるために『関節・筋肉』の作用が関わります 関節 大きく3つの関節が関わります 肩甲上腕関節(けんこうじょうわんかんせつ) 肩鎖関節(けんさかんせつ) 胸鎖関節(きょうさかんせつ) 肩を上げるためには肩甲骨と鎖骨の動きがスムーズに行われないと歪みをきたし、肩を故障するリスクが高まります この動きをスムーズにするためにも肩甲骨・鎖骨に付着する筋肉の柔軟性(筋肉の柔らかさ)が必要になってきます 当院では、関節周りの動きの改善も行えます 腕を上げる動作... 続きを読む