痛かった場所が『朝起きるとき』さらに痛みが強くなっている。考えられる原因!!

ご覧いただきありがとうございます
こんにちは
コンディショニング&鍼灸治療院 SoLです

皆さんは経験が無いだろうか?

痛かった場所が『朝起きたら』痛みが増していること

本来は寝ることによって、カラダは回復し楽になっているはずですが、しかし朝に痛みが増しているケースの患者様が多くなっています

翌朝に『痛みが増している』場合、前日に悪化させてしまう何かをしてしまったのかも知れません

考えられる原因

①ストレッチをした

②お風呂に浸かった(温めてしまった)

③患部をグイグイ押してしまった

④動き過ぎた(普段より)

このようなことを「痛くなってしまってから」してはいないでしょうか?

「痛みなどが無い」時は良いかも知れませんが『痛みが出ている』ときは逆効果となりますのでご注意下さい

やっていはいけない理由

①ストレッチ

痛みがある場合、痛みが出ている場所は炎症(キズ)などが存在しています

何もなければ痛みは出ないはずです

ストレッチとは

筋肉を伸ばすこと

皮ふに傷口があるとして、伸ばそうと思いますか?

考えただけでも痛そうです

痛みが出ている場所も同じ状態だと考えて下さい

伸ばしては、キズを広げてしまうだけです

②お風呂(温める)

ケガを治したりするには、血流量を増やし、新鮮な血液を多く送った方が早く回復されることは事実

しかし、痛みが出ている状態は、患部のキズ(炎症)を広げてしまい逆効果

先ずは、キズ(炎症)を治すことが優先です

お風呂を入った直後は血流量が増し、一時的に痛みが緩和することがありますが寝ている間に炎症が広がり、痛みが増してしまいます(考えられる原因で1番多くの方がされています)

③患部をグイグイ押す(マッサージ)

ストレッチと同じことが言えます

痛めている患部を直接刺激してしまえば、炎症を広げてしまいます

一時的に、筋肉の緊張が和らぎ、痛みが和らぐかも知れませんが、患部を刺激していますので悪化してしまうケースもあります

④動き過ぎ

どうしても外せない用事やいつも以上にカラダを酷使してしまった時・数日カラダを動かしてしまった後に起こりえます

普段より活動量が多くなってしまい、1日での刺激量が多くなってしまうために負担を掛け過ぎてしまい起こります

もし痛めてしまったら『やるべきこと』

①患部を冷やす

②直接患部を刺激しない

③伸ばさない

①患部を冷やす(アイシング)

1.痛みがある場所を『氷』で冷やす

2.冷やす時間 10~20分

3.アイシングが終わったら、しばらく氷を外し(40分ぐらい)、皮膚の温度を確認して、左右差や別の場所と比べて皮膚の温度を確認する

4.患部では無い場所と同じもしくは、熱が戻っていたら再びアイシングを行う

5.冷やす・しばらく置く工程を行うと約60分となり、それを出来る限り行ってください

特に、炎症(重度)の場合は、ケガをしてからの72時間(3日間)の処置復帰までの時間に大きく関わります

ダメなこと

湿布を氷の代わりとして行う(冷却効果がありません)

氷で長時間冷やし続ける(凍傷のリスクがあります)

②直接患部を刺激しない

③伸ばさない

②・③は「考えられる原因」の所で触れましたが、炎症を広げてしまうリスクの方が高いからです

なぜストレッチしてしまうのか?

ストレッチに関しては、病院や別の治療院やメディアの影響が考えられます

当院でも来る方の大半が上記の情報をを信じてしていて、一向に良くならず来院していただくケースも多くなってい来ています

携帯などで情報は簡単に調べられる世の中ですが、有名人やメディアに出ている方々が正しいことを言っているとは限りません

“ご自身のカラダ″のことですので正しい情報をしてみてはいかがでしょうか?

ご予約・お問い合わせ

LINE 登録はこちら

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ja.png

メール📩

contact@c-sol-cure.com

当日のご予約はお電話にてお願いたします

☎︎0465-83-9480

当院は
”はり”と”メディカルテーピング”を組み合わせて施術することで
急性期~慢性期疾患にも施術可能な治療院です

スポーツ疾患
(捻挫・肉離れ・オスグッド・シーバー病など)
腰痛・膝痛・肩痛などの
長引く痛みの改善に力を入れております

コンディショニング&鍼灸治療院 SoL
☎︎0465-83-9480